« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017/03/31

入り込めそうな世界。

こんな絵本を見つけました。
この絵本が、私にとって魅力的なのは、
絵本の中の世界へ、入り込めそうだから。
絵が上手いなぁ、とか、
絵が可愛いなぁ、とか、
感じる絵本はたくさんあるけれど、
「あれ、私この世界へ入れそう!」と
思える世界観の本って、そんなに多くはありません。
最後の雪の朝の風景も、さらっと描いているようで、
本当にありそうな雪景色です。

| | コメント (0)

2017/03/30

けら。

昨日、読んで面白かった絵本。

残念ながら、表紙の画像が見られませんが…。
(絵が抜群に可愛いです)
かえるくんと、オケラのけらくんが、仲良くなりました。
けらくんは、かえるくんの家の隣に越してきますが、
けらくんの家は、地面の下。
かえるくんの家は、地面の上。
これでは、二人はなかなか会えません。
しまいに、それが原因で喧嘩になってしまい…。
そこへ、かえるくんを大ピンチが襲います。
どうする、けらくんっ!
この絵本、あまりに好きすぎて、
早速買ってしまいました。。

| | コメント (0)

2017/03/29

もわり。

先日、読み聞かせて貰った本。
その時は、遠かったから絵の面白さが、
分からなかったけれど、
昨日、手に取ってみたら、絵が面白い!
「もわり。」と、氷山が浮いていく!
ペンギン、アザラシ、トド、しろくま、たこ、
クスッと笑える可愛らしさです。
この本は、手元に置いておきたい。

| | コメント (0)

2017/03/28

153冊

半年前に通い始めた絵本講座で、
「絵本を描きたい、と言いながら、
絵本を読んでいない人が多すぎる。」
と先生から言われ、つけ始めた絵本ノート。
先日の講座最終回には、
全部持って行かなかったけれど、
今日改めて半年分を整理してみたら、
半年で153冊、読んでいました。
うーん、でもこれ、
ある作家さんのエッセイを読んだら、
1ヶ月で6000冊読んだ、って書いてあった。
それと比べると、まだまだ少ない。
制作し始めると、
絵本を読む余裕がなかなかないから、
気持ちにゆとりがある時は、絵本を読もう。

| | コメント (0)

2017/03/27

一区切り。

今年1月から3ヶ月間、
ずっと絵本のラフを作っていました。
2週間に一度、先生に見て頂くため、
2週間ごとに、締切がやってきます。
特に3月下旬は、描き直しの作業でバタバタで、
毎日毎日少しずつ描き進めていって、
締切前日まで、
いえ当日数時間前まで、作業する日が続きました。
昨日、そのラフ描きも一段落しました。
でも、それは見せる場所が無くなった、というだけで、
作品を描く作業は、これからも続くのですが、
ずっと机にかじりついて絵を描く毎日から、
今日はちょっと一休み、一区切りです。

| | コメント (0)

2017/03/21

行きたい展示。

こんな展示を見つけました。
大好きな絵ですが、
なかなか日本で見られる機会はないです。
ぜひ、行きたいです。
20170321_1

| | コメント (0)

2017/03/13

図書館。

一日絵を描ける貴重な日のはずなのに、
一日絵本を探したり、読んだりしていて、
結局、終わってしまった。
そして…私の部屋は、借りた絵本だらけです。
でも、鉛筆と筆、
どちらで描くかも決まっていないので、
好きな絵本を見て、考える時間は必要(言い訳)。
今日、泣いた本

と、笑った本

笑った本は、「どうなっちゃうんだろう?!」と、
ものすごくハラハラするのに、
「え、そのオチですか?」と、目を疑った(笑)。
どちらの本も、最高です。

| | コメント (0)

2017/03/12

話はそれからだ。

先日読んだ、この本が、すごかった。

特にこの一文。
読むだけで、なんだか泣きそうで、
喉が詰まる感じがする。
自分を大切にしよう。
話はそれからだ。    (91頁)
---------------------------------------------------
他の言葉も引用します。
どちらも、この本に書かれていた言葉です。
---------------------------------------------------
やっぱり僕にできることは
僕であること。
僕にしか出来ないこと。
それを夢中でやる。
僕は誰かにはなれない。
誰かは僕にはなれない。 (69頁)
---------------------------------------------------
いろんな感情の中で
僕がもっともたいせつにしているのは
勇気だ。        (74頁)
---------------------------------------------------

| | コメント (0)

2017/03/07

面白そうな本。

こんな本が出ているのを、みつけました。

面白そう。
でも、23人の中に、
この作家さんを入れて欲しかった。

私にとって、一番知りたい作家さんです。

| | コメント (0)

2017/03/06

ひよこぐ。

2014年に、初めて作った絵本、

「ひよことこぐま」
絵本コンテストに出して、
あえなく一次で敗退したけれど、
プリントゴッコで、
ガシャコンガシャコンと、刷りに刷った
怒涛のよき思い出です。
flickr に、毎日1枚ずつ、絵をアップしています。
こちら↓
今、作っている絵本、頑張ろう。

| | コメント (0)

2017/03/03

いや、すごかった。

昨夜行ったライブが、

もう、めっちゃめちゃ、すごかった。
最初から最後まで、
一時間笑いっぱなしでした。
笑いたいから行く、というのも、
もちろんあるんですけど、
そこまでの空気を生み出せる、
緊張感とか、努力の積み重ねとか、
ものすごい刺激&勉強になります。
今日、一番こころに残った言葉は、
「もちネタ8000あります」です。
いろんな、端切れ的な
小さいものも含めて、だそうです。
それを、サラッと言う。すごい。
翻って、私、どうかなぁと。
「もちネタ8000あります」って
言えるのか?(いや言えない 笑)
いや、今回奇跡的にチケット取れて
本当に幸運でした。
あの空気の舞台に、触れられた衝撃は大きい。
もうぜんぜん自信ないけど、
今日見た、あの舞台は、目標です!
あんなすごい空気を作れる人が存在するなら、
あれだけのパワーを、
私も自分なりの表現で、出したいな。

| | コメント (0)

2017/03/02

カニのふしぎなおくりもの

図書館で借りて読んだ、
カニのふしぎなおくりもの
ビル・ピート作 岩波書店 (1975年)
が面白かった。
「うらしま太郎」と
ディケンズの「クリスマスキャロル」を思い出します。
ほら穴の中で、たった一人で くらしている、
わがままで、けちで、いじわるな、じいさんガニ。
ある日、犬にくわえられ、穴に落とされて、
もうだめか! と思った時に、
犬の飼い主の男の子に、助けられます。
どうしても男の子に、恩返しがしたくて、
じいさんガニは、海底へ潜ったり、空を飛んだり。
けちで、嫌な、じいさんだったはずなのに、
恩返ししたくて一所懸命な姿が、なんとも可愛い。
子どもの頃、このビル・ピートの絵本、
小羊のぼうけん」が、家にありました。
同じ絵なので、懐かしかった。
どちらの絵本も、もう入手できないようですが、
伝記も書かれているんですね。面白そうです。

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »