« 2017年3月 | トップページ

2017/04/25

間に合った。

今年の目標として、

参加すると決めていたコンテスト。
なんとか、提出間に合いました。
結果はともあれ、
とにかく出せて良かった。
4月はそれに向けて、ずっと制作していたので、
終わって呆然。
とりあえず、散らかった部屋を片付けよう。

| | コメント (0)

2017/04/19

今日から。

今日から、始まるこの展示
個人的には、必見だと思います。
前売り買ったけど、行かれるのは再来週かな。。

| | コメント (0)

2017/04/18

晴れて、よかった。

今日は、締切間近の、追い込みの日。

天気予報では、雨のち曇りだったけど、
晴れて良かった!
描けるとこまで、今日描こう。

| | コメント (0)

2017/04/11

すぐ作る。

昨日のライブが、凄かった。
20170411_1
会場で、お客さんが書いた単語を
組み合わせて出来た「お題」で、
即興でコントを作る。
単語が出来てから、コント開始まで10秒。
死ぬほど笑いました。
勉強になりました。
とにかく作る、すぐ作る。
その積み重ねが、基礎体力になる。

| | コメント (0)

2017/04/06

着地、鮮やか。

昨日読み始めた、この雑誌。

きっかけは、ある絵本のコンテスト
最優秀の、絵本大賞を受賞した作家さん、
先日行ったライブに、出ていらっしゃいました。
つまり、芸人さんです。
芸人さんで、絵本も書かれ、恋愛小説も書く?
…凄すぎます。
この雑誌に載っている恋愛小説も、とても素敵です。
前向きで、
とてもテンポがよくて、
読んでいて、情景が絵になって浮かんできて、
でも、
一番圧巻だったのはラスト!
最後の最後の、本当に最後で、
「え?、え?、ええっ?」と、びっくりさせられます。
目の覚めるような、鮮やかな着地でした。
最近、小説を全然読んでいなかったけど、
なんだかとても、心がふわっとする世界を、
文字で追わせて頂きました。
こんな風に、文字を紡げる人がいるとは。

| | コメント (0)

2017/04/04

いい絵だなぁ。

昨日読んだ、この絵本。
八百板洋子 再話、 吉實恵 絵、福音館書店
「 子供の頃、どこかで読んだかな?」
と思うようなお話です。
貧しいきこりが、森の中の古い泉のそばで、
ため息をつくと…、
じゃーんっ!
泉の中から、白いひげのおじいさん登場!
おじいさんは、きこりに、
ごちそうの出てくるテーブル、
金貨をばらまくロバ、
悪いことをした人を打つこんぼう、
を次々にくれます。
(この時点で、「あー聞いたことあるー」
という方が、いらっしゃるのでは。)
なぜ、次々にくれるかというと、
このきこり、結構、 脇があまくて、
何をもらったかを、すぐ人に言っちゃう。
読者は、そのたびに「あーあ」と思います(笑)。
物語も楽しいのですが、私は、絵に惹かれました。
ものすごくシンプルな絵です。
例えば表紙。「きこりとテーブル」と言ったら、
もう、きこりとテーブルと斧しか描いていない(笑)。
金貨をばらまくロバとか、驚く家族の顔とか、
テキストに書いてあることしか、描いてない。
絵そのものは、極めて真面目な画風です。
…でも、笑ってしまいます。
うまく説明できません。本当にいい絵です。
笑えて、面白さが心に刺さります。

| | コメント (0)

2017/04/03

ちゃっかりした和風家族。

真面目な画風なのに、
くすっと笑える絵本を見つけました。
おじいさんのカボチャ畑に、
5匹のはたねずみ の一家が来ました。
叩くといい音のする、美味しそうなカボチャを
見つけると、どんどんくり抜いて、家を作ります。
ねずみたちは、すごく働きもので、真面目で、
家族で力を合わせて、着々と
カボチャを、住みやすい家に仕上げていくのですが、
その着々さ加減が、笑えます。
ご自身でもカボチャ畑を持っている作家さん、
カボチャがリアル。
そして、ねずみの一家の暮らしが、
妙に和風で(ゴザとか敷いてるし、煮炊きは七輪!)
その和風な暮らしがまた、
可笑しさを、かもし出しています。
そうそう、カボチャ畑のおじいさん、
作家さんご本人に、そっくりです(笑)!

| | コメント (0)

2017/04/02

たてに、長いっ!

昨日、読んで笑った絵本、
本田いづみ 文、伊野孝行 絵、福音館書店
どこかで買えないかな? 
と思うのですが、入手困難、なのかな。
まずこの本、縦長なので、横開きかと思うと、
まさかの縦開き。縦に、長〜〜〜い。
最初から最後まで、ニヤリ、ニヤリ。
もう、めちゃくちゃツボでした。
おじいさんが、大きなかごをしょって、
春一番の、タケノコを取りに出かけます。
日陰にお弁当を置いて、竹やぶの奥へ入って行くと、
上から見ていたおひさまが、お弁当を見つけます。
「ああ、いいなあ、おべんとう。おいしいだろうなぁ」
おひさまの おなかが、グーと なりました。
さて、おひさまは、お弁当を食べたのでしょうか?
ここでは言わない(笑)。
文も絵も、凄いなぁ、素敵だなぁ、と思って、
ふと見たら、
この本、本田いづみさんの本でした。
あの「万次郎さんとおにぎり」のっ!
そして絵も、凄いんです!
ご飯粒を顔につけて笑うおひさまが、可愛いっ!
…あ、言っちゃった… 。

| | コメント (0)

2017/04/01

抱腹絶倒。

この絵本、

早朝ひとりで読んでいて、思わず吹いた。
そもそも文章が、既にどことなく笑える。
可愛い子犬が出てきた時点で、フッと笑え、
おばあさんが犬を飼おうと張り紙した時点で笑え、
そして…
おうちに「マリーちゃん」がきた時点で、抱腹絶倒。
よくこんな面白いこと考えつくなぁ。。
脱帽。

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ