プリントゴッコ

2015/05/07

プリントゴッコ・テクスチャ

プリントゴッコ と イラストレータ 両方を使う人なら、
イラレに「プリントゴッコ・テクスチャ」があったら!
と思うのではないでしょうか? 私も、そう思います。
イラレで描いた絵を、
プリントゴッコで刷ったかのように、変換する。
もし、イラレにそんな機能が出来たら、夢のようです!
で、この絵、
20150507_1
フォトショップとイラレを使って描きました。
プリントゴッコは使っていないのですが、
なんとなく、プリントゴッコ風???
偶然、こうなってしまったのですが、
あれ、これ面白いかもー、と思いました。
どうやって出来たかは、また改めて書きます。

| | コメント (0)

2015/05/01

和田直子展 始まりました!

和田直子さんのプリントゴッコ展、

今日から始まっています!
B5サイズで刷られたポスター。
20150501_1
こちらはDM。
20150427_1
そして、会場の様子です。
20150501_2
映画を題材に、プリントゴッコで刷った作品が
なんと、合計81点も展示されています!
それぞれの作品も素敵ですが、
それを、これだけの数、作り続ける和田さんの
エネルギーに触れると、とても刺激を受けます。
会場は、神戸です。 
お近くの方は、ぜひ!

| | コメント (0)

2015/04/27

和田直子 プリントゴッコ作品展

プリントゴッコ仲間、和田直子さんの作品展が始まります!
まずは展覧会のDM。
20150427_1
そして、すごい作品の数々。圧巻です! 
20150427_2
20150427_4
20150427_3
20150427_5
20150427_6

| | コメント (0)

2014/09/09

RISO STUDIO NIHONBASHI workshop 2

今回、ワークショップで体験したのは、
GOCCOPRO 100 を使ったスクリーンプリント。
刷り方や、使用するインクが、
今までの PRINT GOCCO とは、若干違います。
PRINT GOCCO…押して印刷。
GOCCOPRO    …スキージーで印刷。
PRINT GOCCO…インクの粘度が高い。
GOCCOPRO    …インクの粘度が低い。
インクの粘度は、私にとっても大きな課題ですので、
講師の先生に、質問させて頂きました。
白や、パステルカラーなど、もともと粘度が高く、
(悪く言うと、古くて乾いちゃってる感じ)
扱いにくいインクを、希釈出来ないか? と。
これについては、リターダー(Retarder=希釈液)
があるそうです。
リターダーをインクに混ぜると、
インクが柔らかく、伸びやすくなるそうです。
このリターダー、少し分けて頂きましたが、
PRINT GOCCO用のインクに入れて効果があるかは、
まだ確認していません。
ちなみに、GOCCOPRO で使用するインクは水性。
ほんの少しであれば、水でも柔らかくなるけれど、
水では伸びないため、リターダーが良いと。
そして、私のブログへ来て下さる方の検索ワードでも
上位を占める、「プリントゴッコインクの代用品」。
GOCCOPRO用のインクを、
冷蔵庫で冷やして使うことで、インクの粘度が増し、
プリントゴッコのインクとして使うことも、
色々な条件をクリアすれば可能。但し、
やって必ず成功する、という方法ではないので
あくまで可能性として、だそうです。
こういうインクについての詳しい説明を聞くのは、
初めてでしたので、本当に目から鱗でした。

| | コメント (2)

2014/09/08

RISO STUDIO NIHONBASHI workshop 1

8月23日(土)、RISO STUDIO 日本橋 さん
20140908_0
のワークショップに参加しました。
このワークショップは、上記リンクの
日本橋店さんのHPから予約が可能です。
興味のある方は、ぜひ。
店内の様子です。
20140908_1
20140908_2
20140908_3
20140908_4
まず、PRINT GOCCOの昔と今についての講義。
PRINT GOCCO本体の生産は、2007年に打ち切られ、
PRINT GOCCOの消耗品の製造・販売も2012年に終了。
この背景には、
一番多くの需要があった年賀状のプリントゴッコ離れ、
があります。
消耗品の売上が落ちた為、消耗品の価格を実質2倍に。
また、ランプの使い捨てが、今の時代に合わない、
ということもあったそうです。
このランプは、東芝と松下電器で生産をしていて、
プリントゴッコランプ用の生産ラインを
一つ開けていたそうです。
「使い捨てが時代にそぐわない」ということで、
現在、展開されているのが、
直営店(板橋、日本橋、新大阪)での製版サービス。
今回、私が参加したワークショップの他、
この直営店さんを、作業する場所として、
時間で借りて、利用することも可能です。

| | コメント (0)

2014/06/11

位置合わせプレートのコツ

プリントゴッコでの印刷作業で、
大きなストレスを感じる工程がいくつかあります。
その最たるものは、
【1】インクの混色
【2】位置合わせ   の2つです。
現在、怒濤の印刷作業の毎日 の連続で、
苦しみの中から生まれた新発見もあったので、それを書きます。
【位置合わせ】
PG10、PG11ユーザーにはお馴染みの
位置合わせプレート
20140611_1
これは、プリントゴッコでも、
結構、最重要と言ってもいいパーツです
でも…
ずれませんか?
私は長年、この位置合わせプレートのズレ、の問題で
苦しんできました(涙…)。
幾ら、緻密な版を作り、入念に製版しても、
印刷の時にズレてしまう。これは致命的です!
位置合わせプレートは、構造上、問題があると思います
位置合わせプレートは、プリントゴッコ本体の、
マスターをはめた上部と、プリントパッドのある下部
を繋ぐ、金属の棒↓ にプラスチックの部品を引っ掛けて固定します。
20140611_2
これだと、入念な位置合わせを繰り返せば繰り返すほど、
プラスチックの部品部分の噛みが甘く(緩く)なり、
結果、ゆるゆるになって、ズレが生じてきます。
ユーザーとしては、本当に0.1mmほどのズレでも、
妥協したくなく、正確にピタっと刷りたいのに、
そこが、一発で決まらないことが、多い。
これは、本当に苦しいです。
ですが、今回初めて気付いたのですが、
位置合わせプレートを、棒にはめた後、
写真のように、その付け根に下から親指を入れて、
軽く浮かしてやる(左右両方を、です)と、
プレートの座りが良くなって、
「上下が1mmズレる」という状態が生じにくくなります。
でも、もし自分が、プリントゴッコを開発するとしたら、
刷りの際に、いかにズレのストレスを無くすか
つまり、
位置合わせプレートと本体をジョイントするのに、
もっといい方法が無いか
そこを最重要課題として、考えるんじゃないかな、
と思います。

| | コメント (0)

2014/06/06

絵本を刷る3

今日の作業風景です。

20140606_5
これは何をしているところかと言うと、
アタリをつけています。
プリントゴッコ(私の使っているのはPG11)には、
位置合わせ機能がついています。
でも、隣あっていない、小さな複数のパーツを、
それぞれ別の版で刷って、位置を合わせる際、
それぞれのパーツを正しい位置に刷る目安が必要です。
通常、ポストカードを刷る時は、
背景など、大きい面積のものから刷って、位置を決め、
それに合わせて、細かいパーツを重ね刷りする、
というのが、私のやり方です。
スクリーンプリントの技法的には、どうかと思いますが、
大きい面積から決めることで、ズレは無くなります。
ところが今回は、挿絵風の小さい場面も多く、
そもそも背景のない絵も多いため、
各パーツを、どうやって定位置に刷るか、悩みました。
それで今回は、
最後に刷るスミ版(黒い輪郭線)のマスターに、
アタリ用の薄いグレーのインクを載せて最初に刷る、
という方法を試しています。
(要は、塗り絵と同じ感覚です。)
インクは、「水彩風ムーングレー」を使っています。
水彩風インクは、他の不透明のインクより、
水っぽいというか、伸びが良いので、
扱いやすいのでは?と思ったからです
この薄いグレーの線を目安に、
各パーツを刷り重ね、
最後は、スミ版をかぶせて完成させる、
というイメージで、作業しています。
が、これも今までやったことのない作業なので、
本当にドキドキしながら刷っています。

| | コメント (2)

絵本を刷る2

今回作っている絵本、

絵本を作るのも初めてだし、
絵本をプリントゴッコで刷ることも初めて。
本当に、試行錯誤の繰り返しです。
膨大な量のマスターを、
どういう手順で印刷するか悩み、
こんな一覧表を作ってみました。
20140606_4
…と言っても、あくまで自分の為のメモなので、
人にお見せしても、???という感じですが。
36場面を、場面のタイプによって、
マーカーで色分けしました。
小さめの絵は、それだけで、ひとくくり。
同じ部屋で展開される場面は、それで、ひとくくり。
というように、
その絵の仕事量と、使うインクの色 で分けました。
これをもとに、刷りの作業を始めています。

| | コメント (0)

2014/01/17

和田直子 プリントゴッコ作品展の様子

昨日、1月16日(木)から始まった
和田直子さんの作品展
プリントゴッコ作品展『cinema days』
2014年1月16日(木)〜1月31日(金)
会場の様子の写真、拝借しました。
和田さんのブログは、こちら
20140117_1
プリントゴッコ愛用者にとって、
他の作家さんの作品って、心躍ります。
しかし、質、量ともに圧巻です。

| | コメント (0)

2014/01/16

和田直子 プリントゴッコ作品展

プリントゴッコ仲間、
和田直子さんの作品展、いよいよ今日からです!
20140104_1
プリントゴッコ作品展『cinema days』
2014年1月16日(木)〜1月31日(金)
〒650-0011
神戸市中央区下山手通3-3-12元町福穂ビル2D
営業時間 : 12:30-20:00
映画をテーマにしたプリントゴッコによる作品展。
作品を少しご紹介します。
時をかける少女
20140104_2
恋する惑星
20140104_3
スタンド・バイ・ミー
20140104_4
お洒落で軽妙な画風ですね。
和田さんのブログも、
トンカ書店さんのサイトも、素敵です。
(上記リンクからご覧頂けます。)
お近くにお住まいの方、是非足をお運び下さい!

| | コメント (0)