絵本

2017/03/31

入り込めそうな世界。

こんな絵本を見つけました。
この絵本が、私にとって魅力的なのは、
絵本の中の世界へ、入り込めそうだから。
絵が上手いなぁ、とか、
絵が可愛いなぁ、とか、
感じる絵本はたくさんあるけれど、
「あれ、私この世界へ入れそう!」と
思える世界観の本って、そんなに多くはありません。
最後の雪の朝の風景も、さらっと描いているようで、
本当にありそうな雪景色です。

| | コメント (0)

2017/03/29

もわり。

先日、読み聞かせて貰った本。
その時は、遠かったから絵の面白さが、
分からなかったけれど、
昨日、手に取ってみたら、絵が面白い!
「もわり。」と、氷山が浮いていく!
ペンギン、アザラシ、トド、しろくま、たこ、
クスッと笑える可愛らしさです。
この本は、手元に置いておきたい。

| | コメント (0)

2017/02/19

やっぱり、お手本。

2017年2月18日(土)付の、
朝日新聞の朝刊・夕刊で知った
ブルーナさん死去 89歳「ミッフィー」作者
のニュース。
2015年4月に、銀座であったミッフィー展
行っておいて、良かった。
朝刊の記事に
「自宅でやすらかに息を引き取ったという。」
と書いてあったのが、印象的でした。
優しい絵を描き続けた方は、
やっぱり最期も、その方にふさわしいなぁ、と。
改めて、
お手本となる生き方をされた方だと、思います。

| | コメント (0)

2015/04/29

素敵な笑顔。

昨日は、この展覧会を観てきました。
20150429_1
人生の最初に出逢った絵本のうちの
何冊かが、このシリーズです。
私を育ててくれた絵本です。
牛がアップで出て来る場面があって、
幼い頃の私は、なぜか牛に興奮し、
そのページだけ、ビリビリにやぶけていました(笑)。
その牛の原画もありました。
思わずじっくり見入ってしまいました。
絵本は本当に、人生の原点ですね。
こんな絵はがきを買いました。
シンプルで、きれい、で…おもしろいー。
20150429_2
沢山ある原画も素敵でしたが、
ブルーナさんが、アトリエで絵本を描いている
様子のビデオが流れていました。
その映像が、とても印象的でした。
まず、白い紙に、インクなしで、
紙を凹ませて 描線をトレースし、
そこに今度は、黒い絵の具で、
じっくりゆっくり 黒い線を引いていきます。
そして、絵本の文章は、タイプライターで、
しかも指一本ずつ使って、打っている!
古風な作業風景が、温かくて素敵でした。
でも、私が一番、心を打たれたのは、
映像の一番最後、ブルーナさんの笑顔です。
ブルーナさんが にこにこ笑っている映像が、
場面を変えて幾つか、続けて映し出されました。
それは、見ていて泣きそうになるぐらい(笑)
心を打つ、温かな笑顔でした。
ああ、こんな素敵な人なんだ…。と思って。
ずーっとお元気で、絵を描き続けて頂きたいなぁ、
と、心から思いました。

| | コメント (0)

2014/11/07

自分は、何が、好きなのか?

最近、色々な絵本を読んでいます。
一冊とても好きな本があるからといって、
その本を描いた作家さんの本が、
全部好きかというと、そうでもなかったりする。
自分が、何を、好きなのか?
どんな絵と、どんな文章に、惹かれるのか?
色々な絵本を読むことで、それを知るのは面白い。
いまは、そういう、探し物をする時期かと。
20141107_1

| | コメント (0)

2014/02/17

どうぞのいす

好きな絵本、「どうぞのいす」
20140217_1
最近、改めて読み直して、
      やっぱり、笑っちゃう。
この本の可笑しさは、
出てくる動物の、言葉が、ていねいで、
それも、古典的に、ていねいで(笑)、
でも、みんな、やることが、とぼけてる!
それでいて、
他の人(動物?)への
思いやりに、あふれていて、
笑いながら、心が、あたたかくなります。
こんな絵本を描きたいな。
古典的で、とぼけていて、おかしい動物の。

| | コメント (0)

2013/12/10

笑っちゃう。

こんな本を見つけました。
20131210_1
その中(87頁)にある、この絵。
20131210_2
思わず、笑っちゃう。

| | コメント (0)

2013/12/04

一番最初の、お客さま

おととい、12月2日、
友人に女の子が産まれました。
彼女は、私が大昔に作ったクマのポストカードを、
今でも大事にしてくれていて、その頃から、
「絵本、描いて下さい!」と私に言ってくれた人です。
その時は、絵本なんて、全然思っていなかったけど。
その彼女から、
めちゃめちゃ可愛い赤ちゃんの写真と共に、
嬉しいメールを頂きました。
「絵本を、予約させて下さい。
 一番のお客さんになりたいので、
 本当に楽しみにしています(*^_^*)
思えば、絵本を描こう!と思い立ったのも、
別の友人とのメールのやり取りが、きっかけでした。
自分ひとりでは、力なんて、出ない。
でも、自分が大切に思う人のためには、力が出る。
いつもいつも、それを感じます。

| | コメント (0)

2013/12/02

ポストカード作りを、お休みします

今、
ポストカードではない作品を、作っています。
ポストカードではないもの、
それは、絵本です。
下絵を描いたり、資料を集めたり、オチを考えたり、
しています。
恐らく来年の春頃まで、
この絵本だけに集中してしまうと思うので、
半年ぐらい、ポストカードづくりをお休みします。
ポストカードも、
描きたい図案はいくつも、あるので、
春ごろ、また目途がついたら再開します。
このブログは、
ポストカードの制作の様子を主に載せていますので、
更新頻度が下がってしまうと思います。
でも、毎日毎日、
絵のことを考え続けて、描き続けています。
来年へ向けての、
私の新しい挑戦です。

| | コメント (0)

2011/06/06

ユーリー・ヴァスネツォフ

先日ご紹介した、凄いロシア絵本4冊は、
プレシャス・ブックスさんで購入しました。

とても素敵なウェブ本屋さんです。
おおっ」と思う本が登場するので、よくチェックしています。

この4冊は、いずれも ユーリー・ヴァスネツォフの作品です。

ユーリー・ヴァスネツォフさんの名前を聞くのは今回初めてですが、
絵は、実は子どもの頃からよく知っていました。

↓これ!
20110606_1

はるか昔(私が小学生の頃)、
日本橋のデパートで「ロシア展」が開催されました。
その会場で、父に買って貰った絵葉書セットです(これは外箱です)。


↓中身はこんな感じ!
20110606_2

この9枚はセットの一部です。
今まで何回、箱から出しては眺めたことでしょう。

で、今回入手した絵本を開いてみたら、
この絵葉書と全く同じ絵がいくつかありました!

子どもの頃からずっとずっと好きだった絵に、
絵本の形で出逢えたことが嬉しく、

絵葉書セットを買ってくれた、
大好きな父(他界しましたが)を想いました。

|